CES療法 アルファスティム(Alpha-Stim)

日本の治療院で初めてAlpha-Stimを導入しました。

Alpha-Stimは、米国で採用医療施設2万か所以上の実績。副作用ゼロ。不眠、痛み、不安、鬱、ストレスの軽減実績があります。頭鍼療法と併用することで相乗効果が期待できます。

アルファ スティムM(医療者用)

アルファ スティムM(医療者用)

アルファ スティムAID(家庭用)

アルファ スティムAID(家庭用)

Alpha-Stimの仕組み

Alpha-Stim 推定メカニズム

Alpha-Stim 推定メカニズム

発表された研究および進行中の研究で得られた証拠は、Alpha-Stimの波形が脳幹に位置する特定の神経細胞群を活性化させることを示しています(図)。

この神経細胞群は、神経系の近位部および遠位部にある神経細胞の化学的活性に影響を及ぼす化学物質セロトニンとアセチルコリンを生成。これらの細胞は、大脳に向かう求心性神経路および脊髄に至る遠心性神経路の活性をコントロールする位置にあります。

Alpha-Stimが、脳幹の特定神経細胞の電気化学活性を変化させることにより、神経系の一部分の活性を増幅させ別の部分を非活性化させているようです。

この神経系の「微調整」は神経修飾と呼ばれています。神経修飾は、アルファ状態として知られる脳のある特定の電気的活動パターンの発生の結果として、あるいは発生とともに行われます。アルファ状態はEEGで測定可能です。

アルファ波は、気持ちが落ち着きリラックスしていて、精神が集中した状態。アルファ状態で生じる神経メカニズムは、ストレスの影響を軽減し、興奮を静め、気分を安定さ住特定の疼痛の感覚および知覚を制御します。

Alpha-Stimの裏付け
Alpha-Stim

EEG変化 FFT相対電力差(%)

デルタ波(10-3.5Hz)

デルタ波(10-3.5Hz)

シータ波側(40-7.5Hz)

シータ波側(40-7.5Hz)

アルファ波(80-12.0Hz)

アルファ波(80-12.0Hz)

ベータ波(12.5-25.0Hz)

ベータ波(12.5-25.0Hz)

この定量的EEG脳地図は、0.5Hzに設定したA|pha-Stimによる20分間の治療1回を実施後の、大学生有志30名の脳活動の変化を従来のEEG分類により示している。青色は活動の低下(睡眠状態のデルタ波)を示し、赤色は活動の増進(リラックス状態のアルファ波)を示す。

安全性

CES療法

CES療法

Alpha-Stimは、危険な副作用、耐性、依存症のリスクなしに効果が持続するので、投薬治療の補助として使用することが可能。使用した後にも通常の日常生活ができます。

多くの人が、薬に替わるより安全で効果的な方法を探し求めています。

治療時間&料金

AGEs測定

CES療法(20分)

診療時間

完全予約制 緊急の場合は対応致します。

営業時間 日・祝祭日
10:00-20:00 -

鍼療所案内

YNSA 頭鍼&美容鍼サロン てっぺんのはり そごう横浜店
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-18-1
そごう横浜店 9階

  • JR横浜駅の中央改札下車東口方向ポルタ地下街中央通路を直進ください。徒歩5分
    JR線(東海道本線・横須賀線・京浜東北線・横浜線)・京急線・東急東横線・相模鉄道線・横浜市営地下鉄線・みなとみらい線

TEL:045-442-0777